So-net無料ブログ作成

餞別の味 [ことばの元気学]

DSCN0171.JPG


えーとですね、「広告批評」が終わるというんで、いま、あちこちの本屋さんで、「広告批評バックナンバーフェア」というのをやってくれています。
ここ、恵比寿アトレの有隣堂でも、入口にずらっとバックナンバーを並べて、派手にやってくれていました。
その前で、重厚そうなおじさんがひとり、熱心に見ているではないかと思ったら、なんとそれはぼくでした。だれもいないとさびしいので、ぼくがお客みたいな顔をしてバックナンバーを見ているふりをしたってわけです。そう、八百長です。
八百長といえば、広告批評の最終号には、いつもいい広告を作っている企業の方々が、たくさん、餞別広告を出してくれました。
餞別ですから、みんな、うれしいことを言ってくれる。ま、半分はお世辞で、つまり八百長みたいなもんですが、そこは広告の名門たち、読者を笑わせたり、泣かせたりしてくれるんですね。
で、今回は連休疲れのおなぐさみ、その一部をご紹介することにします。はい、まずはこれ。

1広告1.jpg

ご存じ、サントリーのBOSSですね。
「この惑星の広告批評にもっと批評されたかった」という宇宙人ジョーンズ氏の言葉がおかしい。笑えますね。次は、これ。

1広告4.jpg

なんと、ホワイト家のお父さんが、涙を流している写真。で、コピーは、「広告批評はもう叱ってくれないぞ!」。泣かせますね。笑えますね。ふざけてますね。
さて次は、日清カップヌードルと通販生活の広告。

1広告3.jpg

1広告2.jpg

特に説明は要らないと思いますが、「通販生活」のほうは、なかなかひねりがきいている。「通販生活の広告」ではなくて、「通販生活という広告」というところがミソですね。つまり通販生活というのは、記事自身が「広告」だとも言える。いや、広告そのものだと言ってもいいでしょう。おなじような意味で、「テレビショッピング」も広告だとぼくは思っていますが、テレビショッピングが「悪質な広告」の典型だとすると、通販生活は「良質な広告」の見本だといっていい。そのへんのところを、ちゃんと批評してほしかったと、この広告は言っているのです。
これって、すごく面白いモンダイを含んでいるテーマなんですが、言いだすとキリがないので、そのことはいずれまた。

1広告5.jpg

1広告8.jpg


これももう、説明は要らないと思います。とにかく、こういう餞別広告って、広告批評をひたすらホメてくれているわけで、一種の八百長であることはたしかです。広告批評の最終号に広告批評を悪く言う広告は出せませんからね。
でも、これって、広告批評をホメているだけかというと、実はそうじゃない。相手をホメることを通して、自分自身をホメている。「サントリーもソフトバンクも、ホメ方のセンスがいいねえ」と読者に思わせることで、好意の目はちゃんと企業に返ってくる、という仕掛けになっているのです。
こういう広告を見て、「広告批評がなくなるのは残念だなあ」と思ってくれる人たちがたくさんいて、それはそれでとてもうれしいのですが、それと同じくらい多くの人たちが、「サントリーやソフトバンクってセンスがいいなあ」と思ったに違いない。そこがすごいなあ、八百屋の長兵衛さん顔負けのプロだなあ、とぼくは思うんですね。

(念のために言っておきますが、ここで言っている「八百長」というのは、とても人間的な、ユーモラスなナレアイのことです。近ごろは「八百長=悪事=許せない行為」としか考えない人がときどきいるので、念のため)
nice!(3)  コメント(11) 
共通テーマ:アート

nice! 3

コメント 11

とくさん

一六の、「十三」に、大阪に住んでいた私は、
反応したのを思い出しました。。。

天野さんの小言、楽しみにしてますよー。



by とくさん (2009-05-06 08:01) 

銀鏡反応

どれをみても、う~む!とうならせ、くすっと笑わせるユーモアのある“餞別”ですねぇ。

それに、皆さん、とってもおちゃめなセンスですね~。人を褒めるようで、実は自分を褒めている。面白いですよね。
by 銀鏡反応 (2009-05-06 09:34) 

あかみどり

どれも面白いですね。
BOSSやソフトバンクなんかは、あのナレーションが聞こえてきます。
特に最後の十三饅頭、いいです。笑っちゃいました。

普段と違い、いい意味で肩の力と広告臭が抜けた感じがいいですね。
けれども、「というわけで、ウチのこともよろしく」としっかり広告として
成立していて、たぶん制作された方たちも楽しかったのではないでしょうか、そんな風に感じられました。
by あかみどり (2009-05-06 10:27) 

gillman

どれも何というか洒脱でいいですね。

THERE
IS
NO FINISH
LINE.

というナイキのメッセージもかっこよかったです。
表紙、とっても素敵だったなぁ。

by gillman (2009-05-06 19:55) 

わかば

本当に豪華なお餞別ですね。
BOSSの宇宙人ジョーンズが実に残念そうな顔をし、
ソフトバンクのお父さんは涙し、とてもイイですね。

八百長って、考えてみれば、なんで、この字なんでしょう。
さっそく、辞書でもみてみます。
by わかば (2009-05-06 21:22) 

てん

四国への行き帰りの新幹線の中で最終号読みました。あちこち読みたい順番を大体決めて読み始めたのですが、何せ活字が小さいのであの分量は、読みでがありました。目がかすんでしまったのは悲しいからか、いえ、メガネのせいでしょう。

高松駅で一六たると買って食べながら、今回の車中の友は充実していました。

島森さんお大事になさってください。
by てん (2009-05-08 01:12) 

ほやへ

抜け目ないのに洒落ている、というのがプロのプロたる所以ということでしょうか。

「素敵な広告」は奥が深い!!
by ほやへ (2009-05-09 18:00) 

YUUTO

広告のキャッチコピーって写真や絵に表情(命を吹き込んでいる)ようで、凄く重要だなって感じますね。

逆に、キャッチコピーしかないってのも寂しいですが・・・


by YUUTO (2009-05-11 12:54) 

hana

ボスコーヒーの宣伝大好きで、家族みんなで楽しみにしています。宣伝だけまとめてDVDにならないかと話しています。
ところで、ワンダの宣伝で、「こんなに早くに飲まなくても」という宣伝ありますよね。後ろに映っているのは富士山だと思うのですが、富士山の後ろに太陽が見えるのは夕日だと思うのですよね。気になって仕方がないのです。
by hana (2009-05-12 09:14) 

あまの

「とくさん」さん。
一六タルトはおいしいですね。伊丹十三さんが正調伊予弁でやったローカルCMが傑作でした。

「銀鏡反応」さん。
こういうセンスって、人に贈り物をするときなんか、とても役に立つ。大切にしたいですね。

「あかみどり」さん。
十三饅頭はおいしいです。こしあんです。

「gillman」さん。
表紙をほめていただいて、うれしいです。

「わかば」さん。
八百屋の長兵衛さんに会いましたか。

「てん」さん。
ぼくは、横尾さんとの対談が好きです。面白い人です、あのひとは。

「ほやへ」さん。
一行の言葉で、人をしあわせにできる。言葉の力ですね。

「YUUTO」さん。
表紙は絵がないんですが、だめですか。

「hana」さん。
ぼくもへんだと思いましたが、ワンダの連中は、名古屋あたりの人じゃないんでしょうか。










by あまの (2009-05-12 21:40) 

じゅせ

なんだかスーパーボウルのCMを想い出しました

餞別されるという特別な状況によって
広告自体がメディアのようになっていて

広告選手権みたいに想えてきます

こう言うのは話題にもなるし
月9広告選手権みたいな

特別な祭りがあると面白そうだな

なんて考えてしまいます

by じゅせ (2009-05-13 23:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。