So-net無料ブログ作成

隠居なんかしてるときだ! [ことばの元気学]

谷内六郎さんは、持病のぜんそくで、若い頃から何度も入院をしています。
とくにひどかったのは、戦後の1950年代で、何度も入退院を繰り返されました。
そんな中で、1950年11月16日から翌年の3月4日まで、
国立熱海病院に入院していた時の貴重な絵日記が遺されています。
ちょっとその一部をお見せしましょう。
(撮影・筒口直弘さん)
病院2.jpg病院写真1.jpg
すごいでしょ。
すごい量の薬をのんだり注射をされたりする苦しい日々。
その中でも、ユーモアを忘れない心と、人間観察の鋭くて温かい目がちゃんと生きている。
やっぱり、この絵日記は、ぼくもほしい。手元において、ときどき見たりしていたい。
それには、これをそっくりそのまま復刻するしかないと、
完全復刻版をつくりました。(15×21センチ・174頁)
1冊だけつくるというわけにはいかないので、六郎の名にちなんで696部。
それに、すごく手のかかる少部数の限定復刻なので、一冊5000円になってしまいましたが、
ご関心のある方は、
表参道の山陽堂書店さん
銀座の教文館書店さん
青山と六本木の青山ブックセンターさん
に置いてありますから、ぜひ見てください。
白い箱入りで、箱の中には本体のほかにおまけも入ってます。
ついでに、谷内さんの「北風とぬりえ」もぜひ見てくれるとうれしい。

それにしても、こういう仕事は、商売意識があったらとてもできない。
これも隠居の愉しみだからできるんで、
「こんなご時勢に隠居なんかしている時か!」とぼくに言っている人には、
「そうさ、隠居なんかしている時だ!」とおこたえしたいと思っています。

病院日記.jpg
お問い合わせはこちらまで。→天野祐吉作業室HP

facebookページ 天野祐吉の「広告かわら版」

nice!(13) 
共通テーマ:アート

nice! 13

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。