So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

勝手のすすめ [ことばの元気学]

頼まれもしないのに勝手に広告する。
そういうのを「勝手広告」というんですが、そのハシリは佐藤雅彦さんと中村至男さんの実験アートでしょうか。二人が開いた展覧会や、マガジンハウスから出た本(上掲)で、知っている人も多いと思います。
で、近ごろは、YouTubeでも、はやっているという話を聞きました。

なぜ、はやるのか。それはわかりません。が、「広告を作る」というのは、遊びとしてなかなか面白いんですね。それにお金もそんなにかからない。
それと、近ごろの子どもたちは、親や先生や友だちに何かを伝えたい・訴えたいと思うときに、文章に書いて伝えるよりも、広告のカタチで伝えるほうがうまいんだそうです。
で、ぼくも数年前、ゆうたくんという子が、お母さんに小遣いの値上げをアピールするために、ああでもないこうでもないと、ポスターの案(16種類)を考える話を絵本に書きましたが、出版社(福音館書店)の人の話によると、けっこう子どもたちのウケはよかったそうです。

(絵は大槻あかねさん。右端のコピーは「おこづかいが倍になると、ぼくの世界も倍にひろがる」)

アメリカの小学校の中には、子どもたちにテレビCMを作らせる授業があるそうです。自分で作ってみると、いいにつけ悪いにつけ、広告の手口がわかって、広告に強い消費者に育つ、ということらしい。
ま、そんな効用はともかく、みんなで広告を作って遊ぶというのは、面白いんじゃないかなと思います。
ぼくだったら、いま勝手に自民党の広告を作ってみたいですね。へへ。

そうそう、「勝手に広告」といえば、若い人たちがブランド名や商品名をプリントしたTシャツを着て街を歩いているのも「勝手に広告」の一種ですね。着てる若者は広告しているつもりはないんでしょうが、結果としての広告効果はけっこうあるようです。
ぼくのところで出している「広告批評」という雑誌は、広告をするお金がないので、昔、横尾忠則さんに頼んで「広告批評Tシャツ」を作りました。とても評判はよかったのですが、「広告批評」ということがぜんぜんわからないデザインでしたので、売り上げにはまったく貢献しませんでした。ああ、勝手に後悔。


nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 4

コメント 9

梅吉

そのアメリカの授業面白いですね。 
日本の体験学習でもコマーシャル作り学習の一環として行えばいいのですが。

エビアンのビルのデザイン広告のイラスト  
大槻あかねさんのイラストやコピーも奥が深いと、いうか
コピー、イラストに社会風刺、世相風刺うまく取り入れてて
いまの子供や若者たちの本音、訴えが伝わってきて
うまくいまの世の中の実情、世相が反映されてますね。 
  
by 梅吉 (2008-02-09 00:57) 

tami

こんばんは。

「勝手のすすめ」
楽しく読ませていただきました。

以前、
♪か~らす、なぜなくの~
からすの勝手でしょ~

っていうのが子供達の間で、流行しましたね。(笑)

私もブログも勝手に書いています。
誰にも頼まれてもいないのに。
更新も、今日はネタがない~なんて頭をかかえながら、なんとかかんとか書いています。

何でだろう?って時々自問する時があります。
やっぱり、上手い下手は別にして、書くことが好きなんですね。

天野さんの、自民党のCM、みたいですね~。

政治家には、「自分勝手のすすめ」はすすめたくはないですね。(笑)
by tami (2008-02-09 20:02) 

発電藷

「勝手広告」流行ってるんですね。YOUTUBEの動画、初めて知りました。(小学生のときに友だちといろんな企業のロゴを改造して面白がってたっけなぁ...)
私がハマっていたアーティスト、Andy Warhol は勝手広告の最たる人だと思います。依頼されて作っていたのもあったにせよ、スープの缶のラベルやコカコーラのロゴ、人物の顔などを作品にして、アートとして売り出していました。少し前にはユニクロからTシャツが(もちろん持ってますよ。)出たりして、それを(私も含めて)街中でいろんな人がきています。ウォ-ホルのおかげで私も、あたためた缶詰入りのスープの味と暑い日の冷たいコーラの味を知り、商業アートという分野に興味を抱いて、天野さんというステキな人を知ったわけです。
by 発電藷 (2008-02-09 23:58) 

あかみどり

たまたまチャンネルを切り替えている時に、
中学だか高校向けのNHK教育で広告を作る講座が
放送されていました。
ゆとり教育の一環なのでしょうが、うらやましいな。

自分自身、テレビゲームの広告が好きで20年以上に
渡って、チラシを集めているのですがそれだけでは
物足りなくて、ブログで一部を公開していたことが
ありました。もちろん、コレクション自慢という側面は
ありますが、それ以上にテレビ画面の中だけではない
テレビゲームの魅力を多くの人に伝えたい、知って
もらいたいのが大きなモチベーションでした。
「これ、イイよ」という無償の気持ち、
それが「勝手広告」にも通じるのだろうなと思うんです。
by あかみどり (2008-02-12 09:23) 

梅吉

最近は、食品業界も偽装したり毒入りのものを作って売ったり
そういう食品を輸入、輸出したりする勝手、株のインサイダー取引という勝手。
政治家の先生方が国民、庶民の税金使って株をいくら買ったと、いう
勝手。また、ライブドアの社長がホリエモンのころ
小学生、中学生、高校生が平気で株をする。と、いう勝手。 


そういう悪い、良くない意味での勝手ばかりがまかり通るから
いけませんよね。 
どうせなら良い意味での自由、勝手がまかり通る世の中であってほしいものです。 
 
by 梅吉 (2008-02-12 10:39) 

楽天家

勝手広告って確かにありますね。広い意味での「口コミ」になるのかもしれませんが。
良いものは良い、悪いものは悪いといえるのはやっぱり消費者ですし、一方的に与えられる情報なんてあまり価値が無いってことでしょうか。
by 楽天家 (2008-02-13 14:34) 

あまの

「梅吉」さん。
いただいた「あかみどり」さんからのコメントによると、日本でも中学か高校かで、広告づくりの授業をやってるところがあるようです。いいことですね。

「tami」さん。
しばらく前、「勝手連」の活動が話題になりましたが、オバマ躍進の裏にも、それに似た動きがあるみたいですね。やがてはブログも、「勝手の力」を結集するメディアになるんでしょうか。ブログでつながる力って、強いですよね。

「発電藷」さん。
ウォーホルはすごい。オリジナルを絶対視してきた従来の「芸術」観を、「複製芸術こそ20世紀の芸術だ」とぶっこわしたところがすごい。音楽の世界のグレン・グールドと同じですね。

「あかみどり」さん。
同感です。ぼくも、テレビゲームやCMや本やらを勝手に広告してるようなもんです。というより、そういうことを通して、自分自身を広告してるんですね、きっと。

「楽天家」さん。
ブログで何かを推薦するのも、「勝手に広告」の一種ですね。いまやその力は、大企業が大金をかけてやっている広告より強力になりつつある。面白い時代です。
by あまの (2008-02-14 22:11) 

あかみどり

コメントにありましたNHK教育の講座は、
高校講座「情報A」でした。
全てではなく、2回だけの講座ですでに1回目は
再放送も含めて終了しましたが、2回目「CMをつくろう(2)」が
今月21日、再放送が27日にあります。
風とロックの箭内道彦さんがゲストとして出演しています。
詳しくはこちらでどうぞ。
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/jouhou/
by あかみどり (2008-02-15 11:51) 

あかみどり

たびたび、すいません。
さっきのコメント、送った後に気づきましたが
これも”勝手に広告”でしたね。
ま、それだけです。
失礼しました。
by あかみどり (2008-02-15 11:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。