So-net無料ブログ作成

ことばの距離 [ことばの元気学]

リリング.jpg

N響の「第9」を聴いてきた。国立音楽大学合唱団が圧倒的だった。うまいなあ。すごいなあ。
指揮のヘルムート・リリングは、バッハのスペシャリストだと思っていたが、ベートーヴェンやシューベルトも振るらしい。端正な音づくりで、これもなかなか聴きごたえがあった。

でもなあ、やっぱり「第9」は長いよなあ。繰り返しが多いしなあ。もうちょっと刈りこめないのかなあ。
あの延々と続く音の連なりに身をゆだねる快感、というのもわからないではないけれど、それにしてもなあ、人間の時間感覚も変わってきてるし、年末だしなあ。
なんて思ったのだが、うかつにそんなこと言ったら、世の音楽好きの人に怒られるだろうなあ。
なんてったてベトちゃんは、「楽聖」だからなあ。「不世出の天才」だからなあ。

あ、「ベトちゃん」なんて言うのもいけないんだろうなあ。
でも、これはぼくが言ったわけじゃない。中原中也さんの借り物。

月の光のそのことを
盲目少女に教へたは、
ベートーヴェンか、シューバート?
俺の記憶の錯覚が、
今夜とちれてゐるけれど、
ベトちゃんだとは思ふけど、
シュバちゃんではなかったらうか

おぼえているくらい好きだった「お道化うた」(「在りし日の歌」)の一節だが、中也さんのようにベートーヴェンのことをベトちゃん、シューベルトのことをシュバちゃんと言ったって、別にかまわない、それくらい好きだってことだと思うんだよな。
そう、モーツアルトをモーちゃん、バッハをバーちゃんと呼んだって、べつにいいのだ。その言い方に愛情さえこもっていれば。MJQの「ブルース・オン・バッハ」なんてCDを聴けば、ジャズにされてもバッハは怒らない、むしろ面白がっているに違いないと思えるはずだよね。

ことばは、対象との距離をつくる。
「楽聖」なんてことばで呼んだとたんに、ベトちゃんは雲の上にまで遠ざかってしまう。
モーちゃんだって、モーツアルト様なんて呼ばれたら、くすぐったがって逃げていくに違いない。
愛する人を、もっとだいじにしなきゃ。

nice!(7) 
共通テーマ:アート

nice! 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。