So-net無料ブログ作成

武器としての笑い [ことばの元気学]

kincho.jpg


このCMにはびっくりした。
「だれか世の中をパッと明るくしてくれんかなあ」
と自粛過剰気味の暗い世の中をおちょくりながら、
「なんでオレ、バスの中でキンチョール持ってるんやろ、これ見よがしに」
と、おのれ(CM)の不自然さをおちょくり返す。

まさに大阪流のきわどい笑いだ、これは。
アホがアホを笑うというか、
「おれもアホだけど、あんたもアホだね」の世界。

大阪電通の堀井組といえば、かつては泣く子も黙るクリエイター集団(親分の堀井博次さんに言わせればアホ集団)だった。
関西電気保安協会とか、キンチョーとか、ケンミンの焼きビーフンとか、焼肉の晩餐館とか、大阪市の安全駐車とか、堀井組が作った傑作・名作・珍作は多い。それを、むかしまとめて「堀井グループ全仕事」という本を出したことがあるが、こんなに痛快なCM集は、世界中さがしてもないだろう。

その堀井さんの愛弟子というか、堀井組のDNAを受け継いでいま広告クリエイティブの最前線にいるのが、「ワトソン・クリック」の中治信博さんと山崎隆明さんだ。
中治さんは象印マホービンの岩下志麻シリーズやDAKARAの「余分3兄弟」、山崎さんはホットペッパーの「アテレコ」シリーズなど、それぞれヒットCMをつくりつづけている。ちなみに、冒頭で紹介したキンチョールの「これ見よがし」も、山崎さんのグループの作ったCMである。

今月の「クエイターズトーク」は、この二人をいっぺんに呼んでしまおうというぜいたくな企画で、2時間で収まる保証はまったくない。来てくれる人は、2時間半はかかるとみて、あとの約束を遅めにしておくといいと思う。

暗い顔ばかりしていてもはじまらない。「笑う」ことは、いまの日本にとても必要だと思う。が、モンダイは、その「笑い」の質だ。
「笑い」は、しばしば「慰安」である。が、これからのぼくらにとって大切なのは、困った常識や誤った形式と戦っていくための「武器としての笑い」だろう。

この二人の批評精神に富んだ「笑いのセンス」に、ぼくはあらためて学びたいと思っている。



チケットはeプラスでお求めください。→eプラス



トーク.jpg


nice!(11) 
共通テーマ:アート

nice! 11

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。